スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご案内

『ハラハチ社会研究所』へようこそ

まずは、本ブログのご案内を致します。

初めての方はコチラからお読みください。

そうでない方は、この直後の記事が最新のものになりますので、そのまま次の記事へとスクロールください。

なお、その記事は書き出しの記事とは限りませんので、そのテーマの書き出し記事に戻っていただくケースも多々あると思われます。
その点をご理解いただき、当ブログをお楽しみください。
スポンサーサイト

はじめに

『ハラハチ社会研究所』へようこそ。

いま我々の住む地球は、地球温暖化や環境破壊、ごみ問題などにより、その健康が蝕まれつつあります。
その悪因子となっているのは、残念ながら、我々人類が営む経済活動です。

18〜19世紀に始まった産業革命から現在に至るわずかな間に、地球は急速に健康を害し、異常気象や砂漠化、資源の枯渇問題など、それによって引き起こされた様々な症状が表面化してきてます。

にもかかわらず、経済競争は熾烈化の一途。大食いの悪習慣を改める気はないようです。

しかし、地球が健康でなければ、人類も健康的に暮らせません。
未来の子どもたちの笑顔を奪わないためにも、早急に処置を施す必要があります。

では、その処置とは何か?

そうです。
地球の寿命を縮めている原因になっているメタボ経済を改めることです。

しかし暴飲暴食の経済から腹八分目の経済に切り替えることは、容易なことではありません。
肥満した身体をスリムにするために過酷なダイエットを強いられるように、相当な我慢が求められるからです。

当ブログは、そういう無理をしなくても腹八分目の社会(ハラハチ社会)を実現でき、皆が幸せに暮らせる仕組みを考えるものです。

仕組みを考えるアプローチ方法については、現状分析から改善案を見いだす「分析的アプローチ」ではなく、理想の姿をデザインすることから改善案を見いだす「設計的アプローチ」を選択したいと思います。

設計的アプローチの代表的な手法には、ワークデザイン法がありますが、これは理想の姿をno time no costで実現できるものとしています。
つまり、現実には実現しない究極のシステムを理想の姿にするということです。

なので、現実離れしたアイデアが多々含まれると思われますが、ご理解いただきますようお願いします。

最新記事は、直後の記事になっております。
直後の記事は書き出しの記事とは限りませんので、そのテーマの書き出し記事に戻っていただくケースも多々あると思われます。
その点についても、ご理解いただきますようお願いします。

ハラハチな都市とは

ハラハチ社会、つまり腹八分目の社会を実現するためには、どのような都市を建設したらいいでしょう。

私の考えているものは、コンパクトシティです。
その理由は、おデブな都市だと、車重に応じた燃費がごとく、それだけ余計なエネルギーを使うことになるからです。

例えば、道路です。

都市のサイズが大きくなればなるほど、車の走行距離が長くなり、エネルギー損失量が増加し、大気汚染もひどくなります。

また、その不便な交通事情のせいで、自家用車保有率が高まり、その維持費の高い足のために、そこに暮らす人々はさらに馬力を入れて稼がなければならなくなります(自動車の生産が増加し続ければ、それだけ多くの環境負荷が高まりますし)。
それにより、経済活動は腹八分目になるどころか、メタボ街道まっしぐらという悪循環に陥るわけです。

逆に、都市のサイズがコンパクトになればなるほど、燃費に優れた都市にチェンジできます。
自動車依存社会から脱皮できれば、生活にもゆとりができ、経済の規模がダウンサイズしても幸せに暮らせます。
公共交通の利用で事が済む都市になれば、高齢者も住みやすく、全世代を通じて都市生活の満足度は高まると思われます。

コンパクトシティは、都市の建設費や維持費を安価にするというメリットもあります。
税金の無駄遣いが減り、浮いた資金を都市の充実度に向ければ、ますます都市の魅力度はアップするでしょう。

この他、コンパクトシティには、小サイズ化で自然破壊を最小限に食い止められたり、省エネ化で脱原発を実現しやすくなるというメリットがあります。

都市の省エネ化をすすめるには、もうひとつ必要とされるものがあります。

それは、高い設計の自由度です。

ただ都市をコンパクトにすれば、飛躍的に省エネ性能が高まるわけではありません。
精密な設計ができる高い設計の自由度が得られてこそ、高効率なエンジンの開発が可能になるように、都市設計にもその恵まれた環境が必要になるのです。

従って、ここでは土地建物の私有制度という束縛を取っ払って、様々な都市のデザインを考えていきたいと思います。
プロフィール

マーサ

Author:マーサ
人生をまとめるひとつの仕事として、新しい社会のかたちを提言したいと思い、このブログをたちあげました。
固定概念にしばられない若い人たちに、少しでも役立てられるものがあれば幸いです。
緑豊かな地球と、そこに暮らす人類の平和が永く続くことを願って。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
103103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
2564位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。